2013年

8月

17日

DNSサーバーの速度比較

SIMフリーiPhone+NTTドコモがインターネットに接続する際に、ネットワークの名前解決で使用するmoperaのDNSサーバーの応答速度をベンチマークしてみました。

 

比較対象

比較は、moperaのDNSサーバーとGoogle Pubric DNSとNTTAmericaのDNSサーバーとで実施してみました。

 

Google Pubric DNSとNTTAmericaのDNSは、いずれも一般的なネットワーク設定を高速化する際に用いられるDNSサーバーです。

 

・mopera

220.159.212.200

220.159.212.201

 

・Google Pubric DNS

8.8.8.8

8.8.4.4

 

・NTT America Technical Operations

129.250.35.250

129.250.35.251

 

比較結果

結果は、moperaのDNSサーバは、Google Pubric DNSやNTTAmericaと比較しても十分速いことが確認できました。

 

DNサーバーの接続は、実際に体感できるほどの時間はかかりませんが、なんとなく一安心です。

 

iPhoneのDNS設定方法

iPhoneでDNS設定は、通信状態によって異なります。

 

・モバイルデータ通信の時

DNSサーバーの設定はできません。

iPhoneが携帯キャリアのネットワークにつながる際には、自動的にキャリア内のDNSサーバーを参照します。

iPhoneをドコモで使う場合、自動的にmoperaのDNSサーバーが指定されます。

 

・WiFi接続通信の時

設定>Wi-Fi>接続しているWi-Fiを選択

 

DNSサーバーを任意に変更することができます。

 

 

速度測定の方法

DNS Benchmarkのツールはこちらから

https://www.grc.com/dns/benchmark.htm

 

iPhoneのモバイルデータ通信で利用しているDNSの確認方法は、

 

①iPhoneでテザリングした状態でPC(Windows)から接続

 

②コマンドプロンプトでipconfig /allを実行する

 

follow us in feedly

Tweet

Facebook