2013年

9月

14日

ドコモiPhoneの欠点まとめ

NTTドコモからiPhone発売が決定しました。

 

SIMフリーiPhoneをドコモで使った視点から、発売前の情報をまとめてみました。

 

結論からいうと、

他社にくらべてドコモiPhoneは欠点があり、iPhoneの機能を最大限利用できません。

 

SIMフリーiPhoneをNTTドコモで使用していた際にも制約が多かったのですが、正式なドコモiPhoneでもほとんど解決していません。

 

今後のドコモの対応に期待するか、他キャリアやSIMフリー購入を検討する必要がありそうです。

 

ドコモメール(@docomo.ne.jp)対応遅れ

ドコモiPhoneでは、ドコモのキャリアメール(@docomo.ne.jp)はメールアプリでは使えません。

 

SPモードメールによる対応は、2013年10月以降としています。

また、過去メールも移行できません。

 

 

なお、ドコモiPhone発売直後は、

 

①「iモード+imode.net」+ 「SPモード」の両方を契約する

 

②キャリアメール(@docomo.ne.jp)は、iモードのままにする

 

をおすすめします。

 

2013年10月まではSIMフリーiPhone+NTTドコモと同様に、imode.netからメールを管理するほうがドコモが提供するSPモードメールよりも安定します。

 

詳しくは

基礎知識編 > メールやimodeはどうなるの?

を参照ください。

 

SIMロック

ドコモが発売するiPhoneは、Softbankやauと同様にSIMロックとのことです。

詳しくは下記参照

 

これはドコモにとって、以下のメリットがあります。

 

①iPhone端末購入後に、契約解除して他社キャリアへMNPするなどの流出を防ぐ

 

②海外で利用する際に、ドコモの高額なローミングサービスを利用させる

 

これは、iPhone端末購入時の月々サポートなどのキャッシュバックがあるためある程度は仕方ないとは思います。

 

しかし、海外キャリアでは、一括支払いや2年間経過を条件にキャリアがSIMアンロックに対応することがあります。

ドコモ・Softabank・auの各キャリアの対応をを期待したいです。

 

各国のキャリアのSIMロック解除の対応方針一覧はこちらからAppleのサイトを参照してください。

MMS非対応

ドコモiPhoneは、MMSに対応していません。

 

MMS自体は、iPhone特有ではなく国際的にも標準化されています。

 

MMSサービスに対応するためには、ネットワークサービスを構築する必要がありますが、いずれMMSサービスを開始することを期待します。

 

 Softbankの場合、MMSにも完全に対応しています。

Visual Voice Mail非対応

ドコモiPhoneは、Visual Voice Mailに対応していません。

 

ドコモiPhoneは、「声の宅配便」に対応します。詳しくはこちら

 

ただし、ドコモ独自サービスのため、iPhone標準の留守電機能からの操作はできません。

 

ドコモがVisual Voice Mailに対応する可能性は低そうです。

 

Softbankの場合、Visual Voice Mailに完全対応しています。

 

留守番電話があると、右下に通知されます。

 

通知された留守番電話は、オフラインでも再生可能です。

 

なお、ドコモiPhoneの場合は、留守番電話サービス(1417)に割り当てられ、電話で留守電を確認することになります。

 

コメントをお書きください

コメント: 11
  • #1

    匿名 (土曜日, 14 9月 2013 19:14)

    問題のキャリアメールは、SPモードメールのままということですか??
    docomoメールはできないものかなと。
    SIMフリーにはdocomoメールが入れられる?

  • #2

    匿名希望さん (土曜日, 14 9月 2013 21:46)

    SPモードとiモードの両立は出来ないみたいですね

  • #3

    よっしー (日曜日, 15 9月 2013 16:46)

    従来のSIMフリーでiPhoneを使うように、docomoのメールはSPモードにしないでiモードにしiモード.netにアクセスまたはAPPを使う、または転送メールサービスを使えばOKだと思いますよ。

  • #4

    匿名希望 (日曜日, 15 9月 2013 18:54)

    ドコモのspモードメールはクラウド化が進められている。10月スタート予定でしたっけ?
    よって、デバイスフリーで利用可能と思われ。iphoneだけでなく、docomo idで認証かければdtabとかでも利用できるんじゃないかな。

  • #5

    ひで (日曜日, 15 9月 2013 22:40)

    simフリーのiphone4sを所有してますが、ios7にupdateすると日本通信で運用ができなくなる可能性が高いと思います。

    日本通信のsimをiphoneに挿すとdocomoのsimと認識され、自動的にSPモードに接続されるのではないかと思いますが。

    なので、iphone5sのsimフリー機は、日本通信での運用は困難かと

  • #6

    Kitt323 (月曜日, 16 9月 2013 10:56)

    何だか発売に合わせて慌てて発表したようで、喜びもつかの間ですねー。
    発売時にメールが対応してないって、そんなの有り?
    通話とメールって、一番使う機能じゃないですか…

    また高価なSIMフリー機を買わなきゃいけないのかと思いましたが、5Sは海外では使用しづらいとの情報が!
    どうすりゃいいの…

  • #7

    SIM Libre (月曜日, 16 9月 2013 13:28)

    匿名希望さん
    現在、iモードとspモードは両立できますが、今後どうなるかわかりませんね。
    メールは、iPhone標準アプリで利用できるとの記載がありましたので、様々な端末で使えるようになると思います。

    ひでさん
    そうですね。キャリアプロファイルでSIMからAPN縛りだとMVNOは壊滅的ですね。

  • #8

    IT係長 (水曜日, 18 9月 2013 17:51)

    ・・・・ですけど、もう予約してしまいました。
    SIMフリーはやっぱり高いし、docomoからの乗り換えは妻に怒られますし。
    でただけマシ、でいいですよ、もう・・・。

  • #9

    TS (水曜日, 18 9月 2013 17:55)

    ドコモに確認したところiPhone 5s/5cについては「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」以外は選択できないそうです。但しau同様にパケット定額なしでの契約は可能だそうです。(ご存知の通りソフトバンクだけは強制加入です)勿論月々サポートはありません。
    ネットはWi-Fiオンリーでの運用ならiモードも契約できそうですが実用的ではないと思います。
    パケホ加入なら強制的にiモードもmopera Uも廃止されますので別回線を用意してiモード.net対応アプリやimoten等の方法を使うしかないでしょうね。
    APNはドコモが公式キャリアになった時点で安易に触れなくなりますね。但し非公式ながらチャイナモバイルのキャリア設定は存在しているみたいですので非公式=unknownとゆう訳ではないみたいです。
    ドコモ版で安易に使えないとなると日本通信の三田社長さんがドコモにまた噛み付きそうですが。(ただキャリア設定自体はAppleが作成している筈なんですけど)

  • #10

    通りすがり (水曜日, 18 9月 2013 22:28)

    Docomo iphoneはspモード以外自動解約・新規も不可です。
    PDF:iPhone購入についての注意事項(サービス)

  • #11

    通りすがり (金曜日, 20 9月 2013 18:59)

    2年前にExpansysで購入したiPhone4S(MD258ZP/A)でをdocomo Xi+moperaで運用しています。iOS7に更新しましたが、docomoの3Gにはつながっています(4Sは、LTE未対応のため)。なので、moperaかspかは別の話ではないでしょうか?

follow us in feedly

Tweet

Facebook