ドコモSIMでアクティベーションはできる?(iPhone5)

iPhone5(iOS6)でのアクティベーションの説明です。
NTTドコモSIMでSIMフリーiPhoneのアクティベーションはできます。
iPhoneは初回起動時にキャリアのSIMカード挿入が必須ですが、ドコモSIMで大丈夫です。
なお、アクティベーションの時点ではAPN設定の必要もありません。

iPhoneは、工場出荷状態では右のような状態です。

 

あらかじめドコモSIMを挿入した状態です。 

言語を選択します。

地域を選択します。

iPhone5の場合、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信回線でのアクティベーションができます。

iTuneを利用したアクティベーションの選択肢がありません。

 

なお、iOS5,iOS6が入ったiPhone4S以下は、モバイルデータ通信回線経由のアクティベーションの選択肢は表示されません。

 

試しに、NTTドコモSIMのまま、3Gのモバイルデータ通信でアクティベーションできるか「モバイルデータ通信回線を使用」を選択します。

モバイルデータ通信のアクティベーションを選択すると、そのままアクティベーションを開始します。

 

NTTドコモSIMの場合は、エラーでアクティベーションできません。

これは、モバイルデータ通信の接続先のAPN設定がされていないため、通信エラーになっているだけです。

 

結局、Wi-Fiを使用します。

結局、NTTドコモSIMの場合、Wi-Fiを利用してアクティベーションします。

 

AUやSoftbankの場合、モバイルデータ通信の接続先がSIMカードによって制御されているため、モバイルデータ通信でのアクティベーションが可能です。

改めてNTTドコモのSIMカードを挿入します。

 

左上が「圏外」→「検索中」→「バー表示だけ」の状態になります。

 

この状態で、再度アクティベーションをすると正常に完了します。

 

 

アクティベーションが完了すると、次のステップに進みます。

 

左上が、ドコモの表示に切り替わります。

 

 

あとは、通常のiPhoneと同様に初期設定を続けます。

 

同意するで次に進みます。

同意するで次に進みます。

設定は後からも変更できます。

 

次へ進みます。

設定は後からも変更できます。

 

次へ進みます。

アクティベーションと初期設定完了です。

無事iPhoneが起動します。

 

このあとは、iMessageやFaceTimeの設定をしましょう。

follow us in feedly

Tweet

Facebook