nanoSIMカードへの加工方法は?

iPhone5からSIMカードのタイプがnanoSIMになりましたが、NTTドコモでもnanoSIMを発行しています。

 

よって、SIMまたはmicroSIMを加工する必要はありません。

 

ドコモショップでSIMカードを交換する方法はこちら

 

念のため、SIMカードのカット方法をご紹介します。

 

※約款上、SIMカードはNTTドコモからの貸与の取り扱いです。

 留意しましょう。

ここでは、microSIMをnanoSIMサイズに変更する手順例を案内します。

 

何枚かのSIMを使って比較しながら加工していきます。

 

上から

NTTドコモのmicroSIM

AT&T(US)のmicroSIM

PCCW(香港)のmicroSIM

Telcel(Mexico)のSIM

です。

 

金属のチップ部分が、NTTドコモだけ大きくなっています。カットする際には、位置調整を慎重に行いましょう。

カットするのに必要なものは、

・ハサミ、ヤスリ(100円ショップなどで十分です。)

・nanoSIMカッター(なくてもカットできますが、あれば便利です。)

です。

nanoSIMカッターは、秋葉原やAmazonで売っています。だいたい1000円〜2000円くらいです。

ほとんどの製品はSIMアダプターも付属しています。

nanoSIMカッターの裏側は、SIMカードを差し込むようになっています。

 

ここにSIMカードをいれて、ホチキスのように押すと繰り抜かれます。

まずはAT&TのmicroSIMをカットしました。

 

AT&TのmicroSIMはチップの金属部分が小さいため、金属部分を左右0.5mm弱程度カットするだけです。

上下は、金属部分はカット剃る必要がなく、プラスチックだけをカットしてあげればぴったりです。

カット後は、バリが多いためヤスリで各側面を削って、きれいにしてあげます。

また、背面をすこし削って、薄くしてあげれば完成です。

アダプターにはめてみて、隙間なくぴったりはまるまで削ります。

 

 

アダプターをつけて、iPhoneにSIMカードを差しこんでみて左上で電波を受信すれば成功です。

今回はAT&TのSIMのため、圏外になっています。

 

左上で「SIMなし」が表示された場合は、SIMを認識していない状態ですので、失敗です。

 

 

次にドコモSIMです。

たまたま扱いが悪く、携帯電話側からのSIM読み込みの筋ができていました。

 

青い線のとおり、四隅をカットします。

このような形で繰り抜かれます。

ヤスリでバリを削り、背面を削ってすこしだけ薄くすれば完成です。

SIMトレイに載せて、iPhone5にいれます。

無事、認識されれば成功です。

follow us in feedly

Tweet

Facebook