iPadをテザリングできる?

iPhoneのテザリング機能「インターネット共有」を使って、Wi-Fi版iPadをインターネット接続できます。

 

iPhoneとiPadの接続は、Wi-Fi/Bluetoothのどちらかを利用できます。

 

まずは、iPhone側でインターネット共有をオンにします。

 

設定>一般>ネットワーク

からインターネット共有をオンにします。

 

テザリングに必要な設定はこちらを参照してください。

 

インターネット共有をONにすると、WiFiおよびBluetoothで接続する名前が自分のiPhoneの名前で公開されます。

 

また、Wi-Fiでアクセスする場合のパスワードが表示されます。

ここは任意で変更可能です。

Wi-Fiの暗号化は、WEPになります。

 

 

Wi-Fiでペアリング

次にiPad側で設定>Wi-Fiを開くと、自分のiPhoneがアクセスポイントとして表示されます。

 

アイコンが、通常のWi-Fiと異なり、iPhone用のペアリングが表示されます。

 

選択すると、Wi-Fiアクセスのパスワードが聞かれますので、iPhone側で設定しているパスワードを入力します。

接続が完了すると、Wi-Fiの接続先が自分のiPhone名になります。

 

また、左上の接続アイコンがテザリング中に変わります。

 

これでiPadは、iPhoneのインターネット接続を共有して利用することができるようになりました。

 

接続が完了すると、iPhpne側はテザリング中のステータスが表示されます。

 

テザリング中でも、iPhone側は通常の操作が可能です。

 

テザリング中のマルチタスクの詳細はこちら

Bluetoothでペアリング

iPhoneとiPadをBluetoothでペアリングするには、それぞれのBluetooth画面を開きます。

 

iPad・iPhoneともに

設定>一般>Bluetooth

を開きます。

iPad側もONにします。

だいたい同じタイミングでONにしないと、機器検索で引っかかりません。

 

 

Bluetoothの接続が正常に完了すると同時に、iPhone側はテザリング中のステータスが表示されます。

 

iPad側もBluetoothの接続が完了すると、左上のアイコンがテザリング中に変わります。

 

これでiPadは、iPhoneのインターネット接続を共有して利用することができるようになりました。

follow us in feedly

Tweet

Facebook