eSIMでDual SIM

 

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降は、nano-SIM と eSIM を使ったデュアル SIM に対応しています。

 

 

現在、日本国内ではIIJmioと楽天モバイルがeSIMのサービス提供しています。

 

今回は、

物理SIMカードにNTTドコモ

eSIMにIIJ

を設定しました。

 

モバイル通信の設定で通信したいSIMを選択することができます。

 

どちらのモバイル通信を選択してもテザリングが可能です。

 

IIJはデータ通信プラン専用ですので、音声回線はドコモだけになります。

楽天モバイルの音声通話プランをeSIMにいれることも可能です。

 

ただし、iPhoneのDual SIMは、DSDS:Dual SIM Dual Standbyではないので、音声待ち受けは、選択した回線のみになりますので要注意です

 

モバイル通信の設定では、任意に切り替えることができます。

また、自動で切り替える設定も可能です。

 

eSIMサービスを提供するIIJは、2020年3月19日から「正式サービス」を開始しています。

 

これまでもeSIMサービスをベータ版として提供していましたが、正式サービスは、データ通信量と価格体系が異なるプランです。

 

 

実際に、IIJのeSIMとNTTドコモの物理SIMを切り替えて使用していますが、

 

「電波の届き方は、同じ」

IIJはドコモのMVNOなのでエリアは一緒です。

 

「通信速度は、圧倒的にNTTドコモ」

IIJは、MVNOなので通信品質は、制限されています。

特に、朝8時台、昼12時台は、IIJはつながりにくいです。

 

「料金は、IIJが格安」

IIJの6ギガ1520円/月と格安です。

特に、朝8時台、昼12時台は、IIJはつながりにくいです。

 

なので、

・仕事中は、ドコモ回線。

・休日やオフタイムは、IIJ回線でパケットを気にせず音楽・動画ストリーミング。

のような使い分けが便利です!

 

  

follow us in feedly

Tweet

Facebook