2015年

6月

01日

SIMカードアダプターのススメ


SIMカードの差し替えで使う「SIMカード アダプター」の選び方、使い方のヒントです。


キャリアショップではSIMカードのアダプターを販売しておりません。


どのキャリアもSIMカードアダプターを使用することを推奨も保証しないためです。

通販や秋葉原などの電気店で販売しています。

 

SIMカードアダプターは非常に安いのですが、当たり外れが大きいです。


また、使い方も注意しないと本体から取り出せなくなってしまい、スマホやiPhoneを傷つけてしまいます。


 


アダプターの選び方

購入時は中身を試せませんので、パッケージや外観だけで選ぶことになります。


アダプターは2種類あります。

 

◯ アダプタの背面にトレイがあるタイプ

× アダプタの背面がなく、枠だけのタイプ

 

枠だけのアダプタは、本体内でSIMカードが外れやすいです。


必ずアダプタの背面にトレイがあるタイプにしましょう。


 

使う前に

SIMアダプター購入後、使い始める前にいくつか準備しておきましょう。


いくつかのアダプターを試した結果、

 

①たまにアダプターの四辺にプラスチックの「バリ」が残っている。

四辺をヤスリなどで削って滑らかにしておきましょう。

 

 

②アダプターとSIMカードに隙間があり、本体内でSIMカードが抜け落ちる。

薄手の両面テープを少しだけ貼り付けて、アダプターとSIMカードを固定させましょう。


 

③アダプターの厚みにムラがある。SIMカードの厚みで本体との抜き差しがきつくなる。

アダプターの背面をヤスリなどで削って少しだけ薄くしておきましょう。


 

やってはいけないこと

SIMカードアダプターを使うときに注意すること。

 

SIMカードなしで、アダプターだけをスマホ本体に挿す。

絶対にこれはやってはいけません。


アダプターだけを本体に挿入すると、本体内のSIM認識ピンがアダプターに引っかかってしまい、抜けなくなってします。

 

また、無理に抜くと本体内のSIM認識ピンが折れ曲がってしまいます。


もし、アダプターが本体内に引っかかってしまった場合は、まず無理に抜かないこと。


薄い紙やプラスチックシートをSIM認識ピンとアダプターの間に差し込みながらゆっくりとアダプターを抜きましょう。

 

 

しまっておこう

SIMカードやアダプター・SIMピンは、小さくすぎてかえって管理に困ります。


普段は、釣具やビーズなどを入れるケースに小分けにしまっておきましょう。

 

外出時は、ZIPがついたビニールの小さな袋にいれるのがおすすめです。

薄いため軽くて、財布などにいれておくと重宝します。

 

いずれも100円ショップなどで様々なサイズのものが買えます。



follow us in feedly

Tweet

Facebook