留守番電話・ビジュアルボイスメールは?

iPhone本体には、留守番電話機能がついておりません。

 

通信キャリアが提供する留守番電話サービスを利用して留守電を使用します。

 

iPhoneには「ビジュアルボイスメール」という特有の機能があり、通信キャリアの留守電サービスが対応している場合にのみ利用できます。

 

NTTドコモ、au、ソフトバンクの三社は、ビジュアルボイスメールに対応しました。

一方、ドコモ系MVNOでは、留守電サービスはありますが、ビジュアルボイスメールに対応していません。


キャリア

対応

サービス名

料金

NTTドコモ

ビジュアル

ボイスメール

留守番電話サービス

300円


au

au系MVNO

(mineoなど)


ビジュアル

ボイスメール

お留守番サービスEX 300円

ソフトバンク

ビジュアル

ボイスメール

留守番電話プラス 300円

ソフトバンク

通常留守電

留守番電話サービス 無料

Y!mobile

通常留守電

留守番電話サービス

無料

 

ドコモ系MVNOの一部

(OCN、IIJmioなど)

 

通常留守電

留守番電話サービス

300円~380円

 

ビジュアルボイスメールの場合

ビジュアルボイスメールに対応している通信キャリアの場合

電話>留守番電話のメニューに登録されている留守番電話が一覧で表示され、随時再生や削除ができるため非常に便利です。

 

仕事などで電話を頻繁にかける人は、通話中のキャッチホンやビジュアルボイスメールの有無が比較的非常に大事です。

通常留守番電話サービスの場合

iPhoneの電話機能を開くと、右下の留守番電話に1件追加されたことがわかります。

 

この件数は、留守番電話サービスセンターに記録された件数が残ります。

留守番電話サービスセンターで削除すると、件数も減ります。

 

通常留守番電話サービスはダイヤル式です。

 

留守番電話の有無を問い合わせるためには電話して操作する必要があります。

ドコモ系MVNOの場合

1417:新しい伝言メッセージの再生・保存・消去

1411:留守番電話サービスの開始

follow us in feedly

Tweet

Facebook